ほくそうブログ

2015年2月

2015年2月18日

北総俳壇

新春北総俳壇 ◎...一席 ○...二席

・散歩道 しもやけの手を 優しく握りて      「大寒の日」 白樫 久子

○寒い中 切干拡げる 手が赤い     「農耕班」 齊藤 到

・風呂介助 手が冷たいと 怒られた     「Oさんは厳しい」 林 直子

◎土を練る かじかむ両手 白い息      「陶芸班」 興梠 孝

・ハイエース 誰が最初に ぶつけるか...      「新車購入」 三浦 圭織

・大晦日 紅白観ずに ボクシング     「いろんな大晦日があるのだ」 高岡 茂樹

・帰りたい でも帰れない お正月     「人生は厳しい」 篠塚奈緒美

・切干と 共に始まり 冬終わる      「今年も頑張った切干大根作り」 加瀬 裕一

・帰園日は 家族の思い出 花が咲く      「正月楽しかった」 安藤 悠果

◎昼ご飯 みんなで 食べる喜びが ずっと続けと 毎日思う    「皆、歳をとった」 師岡小百合

・一年間 大事に育てた 良い楮     「楮収穫期は一月」 内田 沙和

◎寒くても 私は風邪を ひくもんか      「利用者のために」 保科 智子

・空あおし 春待つ樹々や 枝はらい     「園周りは120本の桜山」高木 恭一

○福島から 届きし原木 被災地を想う     「原発はいらない」 杉本 和彦

○寒くても 負けずに働く 北総魂!     「働くこと生きること」 藤原 加奈

・お守りに 家族を思い 願い込め     「健康第一」 鈴木 美佳

・食べて寝て 気が付きゃ お腹が鏡餅    菅谷 大輔

・自販機に 入れたお金は おさい銭     「人生思うようにはいかぬ」 菅谷 大輔

・「あしたくる?」 仲間の帰園が 待ち遠しい     「またすぐケンカするのに」絵鳩 典子

・大寒や 桜の手入れ 春仕度     「さあ、今年も覚悟の時期だ」 猪田 昌宏

選者寸評 この人たちと〝働くこと生きること〟の日々を重ねて2014(26)が過ぎた。北総は今年で創立40周年の坂を上る。平均年齢50云才。皆年取った。白髪頭に禿げ頭、皺だらけの顔と手。ちちははは既に無く、年末年始の帰省も叶わず、園の暮らしを保守してくれたこの人たち。その彼、彼女が年末年始の冬の日差しの中で無心に〝働くこと生きること〟に身を置いてくれている。そんな毎日に寄り添う職員がそんな日々を活写した。興梠さん、保科さん、師岡さんを一席とした。皆下手くそだけれど心が伝わる句作に感謝したい。(虎風山人)

2015年2月18日

広報紙北総の里第229号アップしました!!

 広報紙"北総の里"229号を発行いたしました。前号は7月の発行でありこの半年の猶予をいただいての発行となりました。

 今号では「いのち、こころ、ことばを一つに」と題し、「一期一会一輪の花」の北総精神、姉妹施設である長崎県コスモス会の皆様との交流の様子、第10回目の開催となった太巻き寿司教室、そして皆様にご協力頂きましたアンケート調査の結果を掲載しました。また、沖縄県の砂川先生による「沖縄の心」は今号を持ってシリーズ完結となります。街道を行くでは近藤原理先生からのお便りを掲載しました。ご高覧を賜り、ご批判を頂ければ幸いでございます。下のバナーをクリックして下さい。





北総の里-229号.pdf
1

社会福祉法人さざんか会 北総育成園

〒289-0601 千葉県香取郡東庄町笹川イ5852

電話でのお問い合わせ

0478-86-3003

FAXでのお問い合わせ 0478-86-3295

メールでのお問い合わせ hokusoikuseien@e-sazankakai.or.jp